売りたい方への
ご案内

「いつ売れるかわからない」「いくらで売れるかわからない」そんな不安を解消し、「納得できる価格で売りたい」「今すぐ売りたい」というご要望にお応えします。

不動産売却の方法は、お客さまのニーズにあわせてお選びいただけます。

仲介

ミサワホームのネットワークを活用して、あらゆる不動産取引にお応えいたします。遠隔地の売買もご相談ください。

仲介のメリットは…
  • 市場価格よりも高く売れる可能性があります。
  • 途中で売却を中止することもできます。

買取

今すぐ売却したい方や売却を近所に知られたくない方へ。

一定期間の「仲介」後、売却できなければ買取してもらいたいという場合に最適なシステムです。

まずはお気軽にお声がけください。
問題解決、不安解消の第一歩は“ご相談”から。

あなたはどんな疑問やお悩みをお持ちですか?
ミサワホームには日々たくさんのご質問をいただいております。
なかでも、特に多く寄せられているご質問をピックアップしてみました。
アドバイスやヒントがたくさん詰まっていますので、ぜひチェックしてみてください。

ご売却の流れ

各ステップでのチェックポイントをご確認ください。

STEP1

ご相談

ご相談の内容をお伺いいたします。
建築時のご契約書・図面等、売却物件の内容が分かる書類をご用意ください。

STEP2

調査査定

権利関係・法的制限の調査をはじめ、築年数だけでは分からない建物の状態を住宅の専門家として調査いたします。

STEP3

結果報告、媒介契約の締結

調査・査定結果の内容に基づき、売却のご計画を進めるかどうかのご判断を頂きます。当社へお任せいただく場合には、媒介契約を取り交わしていただきます。

STEP4

売却活動

各種不動産検索サイトでの情報公開や広告活動を行い、購入希望者を探します。販売活動の進捗状況については定期的にご報告いたします。

STEP5

購入希望者との交渉

購入希望のお客さまと、価格や条件、ご契約日・お引渡し日等について交渉を行います。物件価格やお引渡し時期等について売主さまと最終の確認を行い、まとまり次第、ご契約のはこびとなります。

STEP6

売買契約の締結

売主さま・買主さまが合意に至りましたら、売買契約を取り交わし、ご契約の手付金をお受取いただきます。

STEP7

決済とお引渡し

売買契約の内容に基づき、お引渡し(残金の受領・鍵のお渡し等)を行います。また、司法書士の立会いの下、所有権移転手続きを行います。仲介手数料をお支払いいただきます。

STEP8

お引渡し後の手続き

引渡しが完了後、税金の申請や確定申告が必要です。
税理士等のご紹介につきましてもお気軽にご相談ください。

仲介買取システム

「より有利に納得した価格で売却したい」という声にお応えします。

大切な財産である不動産だからこそ、
“信頼できる会社に頼みたい” “より有利に、納得した価格で売却したい”
お客さまのそんな想いから生まれたのが東北ミサワホームの「仲介買取システム」です。

  • いつ売れるかわからない…
  • いくらで売れるかわからない…
  • どの不動産業者に頼めばいいのかわからない…
  • 決まった期日にまとまったお金が必要…

東北ミサワホームの仲介で一定期間内に売却ができなかった場合は、
媒介契約時に提示した購入予定額にてその不動産の買取協議をさせていただきます。
仲介買取とは「まず仲介、納得して売却・買取」というシステムです。

東北ミサワホーム
仲介買取システムのメリットとデメリット

  • メリット

    あらかじめ買取金額の目安がわかるので計画が立てやすい。

  • デメリット

    一般に仲介し売却する金額に比べると低くなる傾向がある。

通常の仲介

東北ミサワホームの仲介買取

A
売却、賃貸それぞれにメリット、デメリットがあります。所有していると維持管理費・固定資産税等の負担や、空家の場合は火災・不法占有・不法投棄等防犯上の不安がついてまわります。私どもで物件調査のうえ、お客さまにとって最適なご提案をいたします。
A
仲介手数料(売買契約が成立した場合に必要)、売買契約書印紙代、抵当権抹消等の登記費用、譲渡所得税(国税庁ホームページ参照)、測量費(境界の位置が不明な時に必要)、解体費用(古家があり更地渡しの契約をした場合)が必要となります。
A
売主さま(登記名義人)の身分証明書、登記済権利証ないし不動産識別情報、実印、住民票、印鑑証明書等が必要になります。
A
いいえ、そのようなことはいっさいございませんのでご安心ください。売る、売らないはお客さまの判断ですので、将来のためのご参考にしていただくだけでも結構です。
A
分譲購入時のパンフレット、土地の測量図面や建物図面、登記済権利証ないし不動産識別情報(所有確認のため)、固定資産税納税通知書など。マンションの場合は上記以外に管理規約・使用細則、直近の管理組合総会議事録などをお見せいただくとスムーズな査定が可能です。
A
査定には机上での簡易査定(大体の取引相場が知りたい場合)と実際に売却を依頼する前提での査定(内覧要)があります。どちらも査定書を作成しご報告させていただきます。もちろん無料で承ります。※一部お受けできない地域がございます。
A
当社が提示する「査定価格」と「売出価格」を参考にして、売主さまが決めるケースが一般的です。「売却希望価格」と差がある場合は、当社担当と十分にお打ち合わせください。
A
はい、大丈夫です。お住まいが東北6県内であれば、居住地の当社担当が窓口となってお手伝いさせていただきます。当社は東北6県にそれぞれ不動産のスペシャリストを配置しており、各県ごと連携がある点も強みのひとつです。また東北以外のエリアでもミサワの不動産ネットワークでカバーが可能ですので、安心してお任せください。
A
不動産業者に売却・購入の仲介を依頼する場合は、必ず媒介契約を結びます。媒介契約は宅地建物取引業法によって定められている行為で、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類あり、いずれかを売主さまが選択することができます。 媒介契約の締結によって依頼主と不動産業者の売買仲介の依頼関係が明確化され、お互いに権利や義務が発生します。また宅地建物取引業者は、媒介契約を締結したときは、遅滞なく一定の契約内容を記載した書面を作成して記名押印し、依頼者に交付しなければならないと定められています。